整体師になる方法
講習

整体師といえば、よく「テレビの健康番組などで関節をボキッと鳴らして痛い思いをさせる人」というイメージがありますが、それはこの職業のほんの一面に過ぎません。
もともと整体は日本古来の柔術や中国伝来の漢方医療、西洋で生まれたカイロプラクティックなどのさまざまな源流を持ち、それらが時に重なり合ったり枝分かれしたりしながら独自の発達を遂げてきたものです。
ですから確かに「痛い」整体もありますが、マッサージに近いソフトなものや積極的に器具を用いるものなど、種類はたくさんあります。
ただし一貫して共通しているのは、「体」を「整」えると書くとおり、健康のカギは身体のバランスを整えることにあるという思想です。
骨盤や脊椎をはじめとする骨格の歪みを正し、血行やリンパの流れを改善することで人間が本来持っている自然治癒力を引き出します。

その効果は筋肉のこりや痛み、神経の痛み、不眠や疲労といった身体的な不調の改善に役立つとされています。
ところで先に述べたように整体にはさまざまな種類があるため、統一的な国家資格のようなものが存在しません。
したがって誰でも整体師を名乗ることはできますが、通常は養成スクールに通って必要な知識や技能を学んだうえで整体院等の施療施設に就職するというのが一般的です。
なお整体師には複数の同業者団体があり、それぞれが独自の民間資格を認定しています。
養成スクールの中には所定の講座を受講するとそうした資格が与えられるものもあります。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930